風が訪れる部屋で | 葉的MANHATTAN☆HOUR
<< 空色庵びらき | main | すみか通信2 & September LOVE >>
風が訪れる部屋で

【2009.08.31 Monday 13:22
 みなさま、庵びらき祝いのコメントを多数、ありがとうございました。モノカキ業をはじめて何年にもなりますが、ブログという形態で執筆する醍醐味はやはりみなさまとの直接のおしゃべりにあるな〜と実感しています。ものを書くというのは「そこにいるあなたに語りかける」作業だけれど、雑誌や書籍という媒体での「語りかけ」は一方向的な部分が多い(たまにお手紙をくださる方もいて、そういう方には必ず手書きでお返事しています)ので、こうしてみなさまの“声”を聞けることはホントにうれしいの! 

きゃ〜パチパチパチ(拍手)

★ ★ ★ ★ ★

エート、やや調子が乱れましたが・・・


今週はワタクシの新しいすみか通信ですよ! 


部屋づくりって楽しい! というコメントをたくさん頂きました。そうですよね、やっぱり自分の「巣」だもの。今度のアパートはそれほどDIYをする必要はないのですが、それでも世界大工仕事同好会会員番号938575番のワタクシ、ドリルをふるう機会は逃しません♪



まずは、本棚。これは去年の引っ越しで買ったIKEAの本棚なのですが、そのまま移動させるにはチョイトかさばる。ので、引っ越しの際にはネジを外して解体し、新居で組み立てました。一応「ふたりがかりで組み立てる」と説明書にあるのですが、こんなもんはもうひとりでお茶の子サイサイです。ところでこの「サイサイ」ってなんでしょう。国語辞典を引いてみましたが特に説明はありませんでした。「再々」じゃないし、万歳の「歳」で「歳々」かな。


話がそれましたが、エートこんなもんはお茶の子だよ、という話でした。しかしこの「お茶の子」ってなんでしょうね?


エー、ともかく・・・


今回新しく、小さなキャビネットを買いました。キッチンの棚が高いところにあるので、しょっちゅう使うワイングラスやティーポットなど、簡単に取り出せるところに収納したいな、と思いまして。これを買ったお店はBed Bath and Beyondという、まあその名の通りシーツや枕などのベッド関係、バスやトイレまわりの小物を含め、カーテンやらちょっとした家具やら食器やら売っている、生活雑貨の総合店です。アメリカ全土にあるみたいなので、米国在住の方にはおなじみなのではないでしょうか。



これね、バラバラの状態で来たのをここまで組み立てたのです。夢中になっていたので「使用前」の写真を撮るのを忘れましたが・・・


で、これが完成図♪


このキャビネットは99ドルで買ったのですが、うーんやはり、もうちょっとお金をかけないとしっかりした家具は望めないのですね。ドライバー一本で組み立てられる手軽さはよいものの、ちょっとグラグラしていて・・・組み立てながらもバラバラ分解してくるし(冷や汗)。添付の金具もちょっと心もとない。しかしまあ一生懸命ネジをねじねじ留めた結果、それなりに形を保っているので、しばらくはなんとかなるでしょう。


こういう組み立て作業、ワタクシはオフィスでキンローして帰宅し、ちょいとご飯を(というか酒肴を)食べて、それからやるわけです。夜10時とか、11時とか。それなりにヘロヘロ疲れているのですが、こうして自分の手で何かをすることで、自分の生活が一瞬にして整っていく、そういう作業は嬉しいものです。


大工仕事愛好会会員ですからね、こういうものを見ると腕が鳴るのさ

ポキッ


さて、今回の一番の目玉は、カーテンでした。実はね、1年間ずっと待っていたんです。このカーテンをつけるのを!


どういうことかというと、前回にもリンクした1年前のコワーイお引っ越しの際、花柄のきゃ〜ロマンチック、なカーテンを買っていたのです。こんなカーテンをつけたら毎日楽しいだろうな、と思って。しかしそれをつけた部屋は、ロケーションが怖かったので2週間で引き払ってしまい、その後入居した部屋では窓の形が合わなくて、つけられなかったんです。(でもいつか、きっと)と思い続け、この部屋を見たとき「ここならあのカーテンがつけられる、かも!?」と思いました。


この部屋のメインの窓はけっこう大きくて、そこに前の住人が購入したという木製のブラインドがついています。



これはこれでクラシカルな感じで嫌ではないのですが、ワタクシはお花のカーテンが欲しいの!!


とレースのハンカチをキーッと噛みながら管理人のベンおじさんに梯子を借り、エキストラロングのカーテンロッド(カーテンの棒ですね)を買って、とある晩にダダダダダとドリルで壁に穴をあけ(カーテン棒などは、ただネジで留めるだけでなく、“スリーブ”などと呼ばれるプラスチックの留め具を入れるとしっかり重さを支えてくれるのです)、何度も梯子を上ったり降りたりし、つけましたよ!!



いや〜みなさま、この夏何がうれしかったって、ワタクシはこのカーテンを吊るしたことが本当にうれしかった。いまもうれしい。毎日カーテンを眺めてはムフ〜と笑ってしまうくらいなのです。花柄の透けるカーテンの手前には、銀色のカーテンをつけました。この布地、「リキッド・ゴールド」っていうんですって。確かに流れる金のような、いや銀のような・・・



ワタクシの不在中に管理人のベンおじさんが梯子を取りにきたのですが、その後で会ったときに言ってくれました。「君、カーテンの金具をきちんとつけたね。いい仕事だ」って。ニューヨークのアパートの管理人は、空き室になったアパートをきれいにするための、ちょっとした大工道具は日常やっているので、ある意味「なんでも大工さん」なのです。そういうプロからいただいたお褒めの言葉。ワタクシは思わず「やったぜ」ポーズを取ってしまいました!



花柄カーテンを透かして入る晩夏の陽射しに、ニャニャムジカ姫もご満悦のようすです。そして、窓から吹き抜けてゆく風の気持ちいいこと。


こちらは、キッチン側にある窓。ここからいい風が入るんです


先週、「風を感じる部屋」のようですね、とコメントいただきましたが、まさにそうかもしれない。それなら、この部屋は空色庵にあやかって「風色庵」って命名しちゃおうカナ〜。

カゼイロ? 却下にゃ


ん? だめだって?


なんで?


あ・・・このお部屋にはもう名前がついていたそうです。「ニャニャムジカ城」なんですって。


それでよいニャ

author : watanabe-yo
| Living | comments(25) |

この記事に関するコメント
葉さん、開庵おめでとうございますー。またこうして葉さんの写真と文章を見ることができてうれしいです。楽しみにしてますね。新しい部屋もとても素敵ですね〜。わたしは元来、ぶきっちょさんで、その気はあっても工作・手芸は全くダメなので、こんな素敵な部屋を自分でつくっちゃえる葉さんがうらやましいです。キッチンはどんな感じですか?葉さんのお料理がどんなキッチンからうまれるか興味あるので、何かの機会があればキッチンもご紹介してください!
| ゆきだるま | 2009/08/31 2:19 PM |
葉さんのドリル使いは、もうおなじみですね〜。
今回も待ってましたー!!って感じです。
(壁は塗らないのぉー?床は剥がさないんだぁー?と勝手な興奮がが・・バカバカわたし・・)

それにしても素敵なカーテン♪♪
より明るい感じになりましたよね。
私も家中に真っ白なカーテンをつけるのが夢なんですよ。
| たつとも | 2009/08/31 2:35 PM |
空色庵でのブログ開設!おめでとうございます&#9825;
また、葉さんのオリジナルニューヨーク生活を魅せていただけること、大変嬉しいです!お引越しも、新しいお部屋作りもわくわくして拝見しました〜!セロームももう、すっかり葉さんのお部屋の定番のようですね^^/私も真似をさせていただいて!?お部屋にセロームを飾っております!今後とも更新を楽しみにしています!!
| roko2007 | 2009/08/31 2:53 PM |
すみか通信、ありがとうございます!
大きな窓も、花柄のきゃ〜ロマンチックなカーテンも、ステキ!素敵!!
床もツルピカできれいだし、住み心地よさそうぉ〜。
ちなみに何階なんですか?
地上から5、6階違うだけでも、空の近さが違うでしょう?
いいな、いいな、空に近い部屋♪
(ちなみに我が家は日当たりのわる〜い(T_T)1階)

すみか通信2号、3号も楽しみにしていますので、是非是非、発行してくださいね。
| ゆっきぃ | 2009/08/31 4:06 PM |
葉さん!
開庵をとても嬉しく思い、ワクワクしながら読ませていただきました。
葉さんの近況と、ニャニャムジカ姫のお姿を久しぶりに見ることができてとても嬉しかったです。
そして、青くて広〜い空や、お部屋にさんさんと降り注ぐ光…
葉さんの雰囲気そのもので、見ているだけで心がほわほわっと、温かくなりました。
これからもニューヨークから届くの葉さんの「声」を楽しみにしています!
| miya-kyoko | 2009/08/31 4:41 PM |
カーテンを変えるだけでも
部屋の雰囲気って
全然違ってきますよね(∩ω∩)
ブラインドより
風に揺れるカーテンが
私は好きです(*u_u)
そしてベンおじさんも認める
葉さんの腕、さすがです(´∀`)b
素敵なニャニャムジカ城ですね♪
| アン | 2009/08/31 8:55 PM |
日本に少し帰ってた間に、葉さんの新しいブログ、始まってたんですね。
お引越し、ブログもお家も無事済んだんですね。

素敵なお家、新しい場所での生活のスタートは、例え馴染みの家具に囲まれていても、わくわくしますよね。私は、カナダに引っ越して約10年の間に、10回引越ししました。1年に1回の計算。。。面倒なのに、引越しばかり。今は、島の田舎でのんびり海辺のお家を楽しんでますが、またいつ引っ越すやら。

久し振りにニャムニャムジカ姫の元気な姿も見れて、嬉しかったです。我が家の、Parkerも元気です。もう一人、Parkerの弟分が加わって、我が家もにぎやかです。
| KaoriNG | 2009/09/01 3:37 AM |
葉さま

わぁ〜素敵なカーテン、ですねぇ。
このカーテン、なんとなくうちのカーテンに似ております。
うちは葉っぱ模様(そう!葉っぱ模様なのですよ!)で、葉っぱ模様の透けるカーテンの手前はなんとゴールド!
薄いゴールドにシルバーのリングが並んでいます。
大好きなカーテンだから、ふっと見るだけでも嬉しいんですよねぇ。
わかります^^

お部屋に置いてある観葉植物はのびのびして気持ちよさそうですね。
クッカバラですか?
IKEAの本棚も、使い勝手が良さそう。
IKEAは神戸に二店舗目(たしか)できて、行きたい行きたいと思いつつまだ行ってないのですよ。なんだか弾みがつきそうです。

今日から中学生のムスメは二学期の始まりです。
私は今日から秋休み!な〜んて。^^
| マドレーヌ | 2009/09/01 9:42 AM |
木製ブラインド・・・ステキなのになぁ〜と思いつつ、読み進めて花柄カーテンさんが登場した瞬間、“キュンッ”となりました。
ハッキリ言って、“ステキです”
今の葉さん心もこんな感じなのかな??って想像しちゃいました。
| anne | 2009/09/01 10:05 AM |
おお、素敵なお部屋が出来上がりましたね!
自分の思い通りの部屋に住めるって、
とっても幸せなことだと思います。
お気に入りの家具があると眺めているだけで、
ウキウキしてしまったり、
さあ〜、きょうも頑張ろう!!と思えたりしますもんね。
私もそろそろ模様替えしてみようかな?と思っているところです。
| 庭ふくろう | 2009/09/01 1:31 PM |
おぉぉぉ〜!
とっても居心地のよさそうな、素敵なお部屋ですね〜!!
私もちょうど先々週〜先週あたり、IKEAで買った本棚をせっせと組み立てました。
組み立てた達成感と、部屋が片付いたすっきり感とっても気分がいいです^^
キッチン用キャビネット、シックでかっこいいデザインですね。
目立たない部分にちょっと補強を入れると安定するかもしません・・・
| ちば | 2009/09/01 8:23 PM |
お引越しおめでとうございます。

「お茶の子さいさい」
こちらの語源由来辞典に載っています。

囃子詞をもじったものなんですね。

http://gogen-allguide.com/o/otyanoko.html

これからも楽しみに読ませていただきますね。
| 直 | 2009/09/02 4:34 PM |
日当りがよくて、あたたかな雰囲気のお部屋が素敵です。銀色のカーテンがアクセントになっていて、思わず「うーむ、さすが」と、唸ってしまいました。

今度のキッチンにはオーブンがついているんですよね。もちろんおいしいお菓子のレシピお教えしますよ!楽しみですね〜。

| matzke | 2009/09/02 7:09 PM |
こんにちはー 空色庵、早速ブックマークしました。
カーテン、かわいいですね。
わたしも先日ベッド周り買い替えたのですが
なんで、布ものってあんなにこころを揺さぶるのでしょうか...

ブラインド時代のお部屋は
わたしが勝手に想像していたサリンジャー「大工よ、屋根の梁を高くあげよ」(だったか?)に出てくる部屋の窓そのものだったので
ちょっとこちらもココロ揺さぶられてしまいました...

素敵な新居ライフを!
| om | 2009/09/02 11:00 PM |
葉ちん〜
遅ればせながら、庵びらきおめでとうございました!!
そしてお引っ越しもおめでとうございます!
今回もUptown?
NY に居ながら、すっかりご無沙汰してしまって
お預かりしているものもあるというのに
(これってほぼ誘拐状態?)
本当に不義理でごめんなさい。
でも、こうしてまたおしゃべりできる場を
作っていただけてとてもうれしーです。
お花とシルバーのレイヤーのカーテン、素敵〜
姫と葉さんにとてもお似合いです。
もうすっかり秋の風が訪れていると思うけれど
夏の最後の(一応)Long weekend,
楽しくお過ごしください〜。
| Yoko | 2009/09/03 12:48 AM |
新しいカーテンに変えると、気持ちも新しくなりますね♪
私も部屋の模様替え、したくなっちゃいました!
NYにはまだ行ったことはないですけど、毎回毎回
こちらにお邪魔すると行ったかのような気分になっちゃいます。
新居でまた新しいステキなことが起こるといいですねっ★
| まっち | 2009/09/04 8:44 AM |
葉さま、お久しぶりです。
新しく素敵なおうち&ブログのお引越しおめでとうございます!

空といえば、最近NJ側から夕方にマンハッタンを眺めることが多いんですが、空が澄んでいるせいか、そちらが薄いピンク色に染まっていてすごく綺麗です。
我が家の周りはすっかり秋らしくなり、今も外は虫の声が響いています♪

さて、私はこの夏、2年ぶり初めての一時帰国をしていました。
子供たちを連れて、井の頭公園(+ミニ動物園)にも行ってきましたよ。友人に会ったり、舞台を見たり、欲しかった本をまとめ買いしたり、・・・・すっかりリフレッシュして帰ってきました。
さあ、いよいよ新学期、頑張りまーす!

葉さまの新しい生活に素敵なことがたくさんおとずれますように!
素敵なブログをこれからも楽しみにしていまーす!
| ゆりり | 2009/09/04 10:14 AM |
葉さんへ

ニャニャムジカ姫の気持ちよさ気なこと!
時計より穏やかに時を刻む心地よい日だまり、色んな匂いや湿気など伝えてくれる饒舌な風、喧騒は遠く、こりゃあ私もゴロンしたいです。
日本の部屋って、和式に無理矢理洋装したようなものなので、洋家具を美しく備えること至難のわざだと思います。
葉さんは、長い海外暮らしで鍛えられてルのか、最初から天性のものお持ちなのか、うまいなー、いいなー、と思うことしばしば。
今回の部屋、今までにましてイイナー。

様々な写真見て羨ましくなりました。居ながらにして季節を感じまくっちゃえそうですね。
| かつ | 2009/09/04 1:09 PM |
とてもすてき、その生き方。その暮らし。同世代の女性としてあなたのたたずまい、いつも参考にしています。風通しのいい部屋。それは葉さんの人生、人柄にもつながるのではないかでしょうか。いつも風が流れてる。暗い気持ちがとどこおっても。人間関係にとどこおっていても。すーっとそれは風がとおりすぎるかのように、解決への道が開けていく。そんなふうに感じています。待ってました!のブログ、これから楽しみにしています。まだまだ残暑厳しい東京/世田谷から。
| やち | 2009/09/05 1:46 PM |
葉さま。
ブログ、新居ともに、お引っ越しおめでとうございます=)。ニャ嬢もとてもリラックスされたご様子ですね。
こちらは、そろりそろりと秋の気配(食欲旺盛期!!)が近付いております。新しいキッチンから生まれる旨いもの話、大いに期待してま〜す。
| Kyoko | 2009/09/05 6:35 PM |
ゆきだるまさ〜ん
ありがとうございますー。ワタクシもこうしてまたゆきだるまさんとおしゃべりできて、うれしいですっ♪
この引っ越しは「やってよかった引っ越し」でした。新しい部屋を選ぶときって、そのときにはまだ見えない要素も一杯あるから、「うわっうわっ」と心臓バクバクになってしまいますが、人生そういうちょっとした賭けはあってもいいのかも? 

キッチン。やっと普通の大きさの冷蔵庫があって、オーブンもあって、ガスコンロ4つ口のキッチンになりましたよ!! いままで電気のマキマキ蚊取り線香型(ご存知ですか? 煮込みならいいんですが・・・すぐに火力の調節ができないのでけっこう不便なんです。しかしニューヨークには多し)だったし、オーブンもなかったので、大好きな焼き菓子づくりもできなかったのですが・・・今期のワタクシはやりますからね!! みててくださいっ(腕ムキッ)


たつともさま
はははっ 僕としたことが、青二才のくせにドリル自慢しすぎちゃったかな(ふっ)
しかし床はツルぴかだったので、剥がすには至りませんでした。このアパート、かなり「オッケー♪」な状態で入居できたので、大工見習いとしては「アレ? そうすか?」という状態だったのですが、キンロー人間としてはありがたかったです。
カーテンは、んもう愛してます。ヒトとカーテンの恋というのが歴史上存在したかどうかは浅学にして知りませんが、いやもう、朝晩「ラブユ〜」とつぶやきながらデレデレしておりますですよ。カーテンって、我々にとって「風の訪問を知る」メッセンジャーでもありますからね。たつともさまの白いカーテン計画が実現しますように!!


roko2007さま
いらっしゃいませ〜 
お祝いコメントありがとうございます!  おおそうか、セロームっていうんですねこのヒト。実はこの方、1999年に「養子」に迎えたんです。もう10歳。これはセロームとしては若者なんだろか、大人なんだろうか? 新しい葉っぱが出るときの勢いのよさといい、「パ〜ン♪」と開いた葉っぱのたたずまいといい、このヒトには「人格」を感じずにはいられません。。。
今後も、セローム共々どうぞ宜しくお願いいたします!!


ゆっきぃさま
はい、リクエストにお応えしてすみか通信ですよー。
ここは、13階建てビルの10階なんです。以前よりももっと小さい、もっと旧世界な感じのエレベーターがついています。いや〜ウマシカは高いところが好きと言いますが、ふぉふぉふぉふぉ高いところも悪くないもんですなあ〜

しかしエレベーターがかなり旧式で、ときどき壊れるらしいんです。このあいだは、「1階」を押したのに、何を思ったのか10階から1階まですべての階に停まってくれました・・・しかも急いでいたのに(汗)
この方が故障あそばしたときには歩いて乗降するのね・・・と思うと、いくら拙者が上記ウマシカ類でも、10階くらいに留めておきたいかな・・・と(大汗)

miya-kyokoさま
ワーイ(花火どーん) いらっしゃいませませ♪
おかげさまでニャニャムジカ共々、空に近い庵の住人となりましたよ♪
これからもニューヨークだよりをお届けいたしますので、引き続き宜しくお願いいたします★★★★


アン姫
そうなのです。まさにそうなの〜
風が訪ねてきたよ、と教えてくれるカーテン。やはりニャニャムジカ城には、風や空とお話できる「装置」が不可欠のようです。
しかしアン姫の絵文字ビジュアルもすばらしいっ(拍手〜)


KaoriNGさま
お盆は日本にお帰りだったんですね。ハイ、そのあいだにようやく開庵いたしました! そ、そうなのね、KaoriNGさまも引っ越しの達人・・・。面倒なのに、なぜかしちゃうんですよね。どうしてなんだろう。気持ちのどこかが流浪の民なんでしょうか。
Parker君に弟分が加わったのですね! Eddie君かわいい〜 
猫もやはり男の子はやんちゃ度が高い気がします。うちに昔いたチキというコも、自分の身長の何倍もの高さにびよ〜んとジャンプするのが得意でした。猫たち共々、今後もよろしくお願いいたします〜
| 葉 | 2009/09/07 2:29 AM |
お返事続きです。先週はダンスのショーとか、いろいろあって、コメントへのお返事がすっかり遅れてしまってごめんなさい! でもみなさまからのお言葉、本当にうれしかったです。では、続きです〜

マドレーヌさま
おお〜 カーテンの趣味があいますね〜(ハイファイブ)
葉っぱもようのカーテン、見てみたいな〜(マドレーヌさんのブログに出ているかしら?)
植物君・・・あれ? クッカバラともいうのかしら。
エエト、ワタクシはずっと「フィロデンドロン」と思っていて、調べてみたらフィロデンドロンっていろんなのががあるんですね〜 そしてセローム(上記roko2007さまとのおしゃべり参照)とクッカバラって、同じなのか似ているのか、ちょっとウェブで調べてみただけでは見分けがつかない。ふうむ、うちのこのシトはいったい何者なのかしら? ま、「葉っぱ君」でいっか。前の家では小さい黒いアブラムシみたいのにやられて四苦八苦していたのですが、直射日光のあたる窓辺においたら、虫たちがいなくなりました。ワーイ!  マドレーヌさんの「秋休み」にもキラキラの日光がたくさん訪れますように!!


anneさま
そうなんですっ☆ このカーテンのね、地の布のとこが、オーガンジーっぽくなっていて、光を浴びると真珠色に輝くんですよ。人生凹むこともあるし、疲れることもあるけど、視覚的に光を含んだものが暮らしにあるってことがこんなに違いを生むんだ・・・って実感しています。
「形から入るのも大事」って思うのです。たとえペンケースひとつでも、見るだけで嬉しくなるものと暮らしたい・・・ですよね☆

庭ふくろうさん〜〜
イエーイ♪
まだ段ボール箱が3つ整理できていないままなのですが(普段読まないけれど手放せない書籍をどう収納しようか、迷っているところ)、ここにはしばらく住みたいので、そのための家具を買うならちゃんと納得してからにしよう・・・と思っています。住む場所って本当に大切ですよね。流浪の民な人生ですが、空間や家具との出会いも、ヒトとの出会いと同じく、「耳をすます」ことが大事だな〜と思います。
庭ふくろうさんちも新しい季節に合わせて模様替えかな? ずっと使っていた家具も、配置とかちょっとしたディテールを変えるだけで大変身しちゃうものですよね〜
ハッピー・模様替え♪


ちばさま
ちばさまもIKEAショッピングをなさっていたのですね。ワタクシは本棚、ブルックリンまで買いにいったですが「品切れ」でした(ウェブサイトには在庫アリって書いてあったのに・・・あっと言う間に売れちゃったのカナ)。はやくすっきりしたいよう。
キャビネットは、そうですね、補強したほうがいいかも。ある日ガッシャーン! なんてことになったら大変だもの・・・おおおお。この週末にやってみようかな。アドバイスありがとうございます!!


直さま
お祝いのお言葉&情報ありがとうございます!
そうか〜〜囃子言葉だったんですね! 「お茶のこ」=お茶菓子、というのも、めんこいわ〜
たしかに「さいさい」って言葉から、「ワッショイワッショイ」な感じを連想していたんです。
こういう言葉って他言語にはどうしても訳せなくて、でもそんな歴史の小さなカケラを含んだ言葉っていいなあ〜と思ってしまう。楽しいオンライン辞典も教えてくださって、感謝です★


matzkeさま
いや〜それほどでも(←自慢げ)
そうなんですよっ 風がもうすこしひんやりしてきたら、「初火入れ」をしたいと思います。ドイツ発の素敵レシピ、よろしくお願いしますよ〜♪♪


| 葉 | 2009/09/07 2:31 AM |
お返事コメントその3です。みなさま本当にありがとうございます〜

omさま
こんにちは〜。ブックマークいただきありがとうございます。
omさまはベッドまわりで模様替えですね。新しいシーツやブランケット、わくわくしますよね。いい夢見られそう!!
サリンジャーの「大工よ、屋根の梁を高くあげよ」、大昔に読みました。うう、すべて忘れているっ。読み返してみようと思います♪


Yokoちん
おひさしう〜〜〜 そうなの、今回もUptownで、リバーサイドパークのほうに「横移動」しました。ゼイバーズのすぐそばなので、ムフフな環境なのです。例のブツに関してはご心配なく!  でもお時間のあるときに会えたらいいな。このLong weekendはマンハッタンを出ずにすごそうと思いますが、空が高くて気持ちよいですね〜 Yokoどのもすばらしい週末をおすごしください!!


まっちさま
今週は、壁に鏡をつけるべく画策中なのです。煉瓦の壁にドリルするので、ちょっとキンチョーしていますが・・・やるぜっ おー。
昼過ぎのManhattan Hour、そろそろ外に出て、週末のお散歩してこようと思います。いつもステキなコメントありがとうございます♪


ゆりりさま
おひさしぶりです〜 祝再訪★
そして激励のお言葉もとってもうれしいです。
そして、おお井の頭公園!! 高校のときよく行ったのを思い出します。いいですよね、あの辺り。高校の頃はドナテローズのジェラートを食べにいくのが放課後の楽しみでした。
ほんとうに、空の色がきれいな季節になりました。朝の空、夕方の空、いろんな時間の空を楽しみながら秋を迎えましょうね〜


かつさま
そうなんです。さすが猫族、さすが王族。窓辺の特等席が彼女の「玉座」となっております。
今回の引っ越しは、「ニャニャムジカにひだまりのオヒルネ時間をあげるため」というのが主目的だったのですが、首尾よく成功いたしました! ついでに家臣であるワタクシも恩恵に預かれて、一石二鳥というものです★★★
これから秋、冬、この部屋の暮らしはどんなふうになるのか、ワタクシも興味津々なのです。


やちさま
こんにちは〜
もったいないようなお言葉をいただいてしまって、いや〜ありがとうございます(照れ照れ)
水面下では水かきをパタパタさせながらも、水の上では滑るように・・・
なーんてね。みなさまに「お見せ」している部分以外では、めそめそないたりバタバタしたり「ギャ〜ッ!!」と叫んだりしておりますが、そういうのもひっくるめて“レッスン”なんだよね、とも思ったり・・・
これからもどうぞよろしくお願いいたします!


Kyokoさま
お祝いのお言葉、ありがとうございます。なんだかみなさんに「カンパーイ!」していただいた気分。ひとつひとつのお言葉がほんとうにうれしいです。
そうそう、おいしいものが出揃う季節ですね。 このごろはお気に入りレシピ本を「寝る前の読書」にして食欲の季節に備えておりますよ★★★
| 葉 | 2009/09/07 2:33 AM |
オレンジページの頃から読んでいたヨウさんのブログ、再開嬉しいです!ヨウさんの毎日を見つめる視線とそれを素敵な文章にできる表現力が大好きです。私も以前ニューヨークに住んでいた時は壁をぬったり壁に穴をあけてお気に入りの絵を飾ったりしていました。今は東京のちいちゃなマンション、、床も壁も真っ白で私としてはもっと色を加えたい〜〜。でもね、ヨウさんのブログを読んでいるとちょっとした工夫でお部屋っていくらでも住み心地の良い空間にできちゃうんじゃないのかな、ってチャレンジ精神が湧いてきます。まだまだ慣れない東京ですが少しづつ覚えていこうって思います。そしてこれからもブログ楽しみにしていますね。
| ミナオ | 2009/09/08 12:32 AM |
ミナオさま
わーい、いらっしゃいませ〜
ミナオさまもDIYなニューヨークを満喫なさっていたのですね! アパートによってはけっこういろいろさせてもらえますものね。お部屋には確かにいろんな個性があって、相性もあるかもしれないけれど、同じ部屋も住むヒトによって表情をガラリと変える。そういう意味では、住むひとの紡ぐ暮らしの、目に見えない影響で部屋ってどんなふうにも生まれ変わるのかもしれません。東京に戻られて間もないようですが、日本ならではの楽しみ(商店街で買って帰るお豆腐とか・・・コンパクトでかわいい日本ならではの家具とか)をたくさん見つける、そんな秋になりますように♪
| 葉 | 2009/09/08 1:32 PM |
コメントする










渡辺 葉
NY&NJ attorney
writer
translator
interpreter