すみか通信2 & September LOVE | 葉的MANHATTAN☆HOUR
<< 風が訪れる部屋で | main | 秋に深まるそれは >>
すみか通信2 & September LOVE

【2009.09.08 Tuesday 12:20

みなさま、いかがおすごしでしたか? 9月最初のManhattanHourですよ!

ダウンタウンの、ワシントン・スクエア・パークにて。

 アメリカ合衆国では、9月最初の月曜日はLabor Dayといって、お休み。勤労感謝の日みたいなもので、3連休になります。しかし多くのアメリカ人は8月にバカンスを取るので、このタイミングでキンローに感謝しちゃってもよろしいのかしら??

僕らにバカンスはなーい! 

・・・食べもの探しに多忙なリス君談。

素朴な疑問を抱きつつ、3連休は嬉しいものです。この数週間、週末といえば引っ越しに大わらわだったワタクシ。ようやく新居がほぼ片付いたこの週末は、友人と会ったり、ダンスのレッスン(今度報告しますね♪)を受けたりして、ゆっくりすごすことができました。

さて、今週は2本立て。まず、プチすみか通信その2ですよー。今週の「すみか新部員」は、この方です。

 

どーんと置かれたデカ・段ボール箱。ここにはワタクシ&ニャニャムジカ姫の“時間”が詰まっています。

ん? それってどういう意味? 

流れ出す白い物体は、とあるゲージツ家の現代美術・・・・じゃなくて

このたびいくつか家具を買い足したのですが、これはそのひとつ・・・エスプレッソ色のラブシートなのです。アメリカでは「ソファ」というと3人掛けくらいの長いものを指し、2人掛けのコンパクトなものは「ラブシート」と呼ぶみたい。

うう、LOVE・・・

現在のワタクシにはあんまり縁のない言葉ですけど、ラブシートが家にあればラブが寄ってくるかしら(横目)

いやいや、何を言ふのじゃ。友人たちとか、愛する空色庵訪問者のみなさまとか、最愛のニャニャムージカ姫とか、LOVEはいっぱいあるじゃんか。ああよかった(安心)。そうなんです。段ボール箱にはワタクシとニャニャムジカ姫がここですごす、ラブリーな時間が詰まっていたのでしたわ?

なんだか語尾が乱れがちですが、それはいいから早く組み立てようぜ、と某大工愛好会会員(=ワタクシ)が言うわけです。基本的には背もたれ+座席に、左右の肘掛けをくっつけ、4本の脚を入れて終わり。組み立てに使うのは「六角穴付ボルト」と「座金」です。もともと名称を知っていたわけじゃなくていま調べたんですが、こういう言葉を普通に使うのってカッコいいな。

この丸いのが「座金」で、ここにボルトを組み込み・・・ちなみに「座金」は英語では「ワッシャー」だそうです。いくぜ、ワッシャー!!! と妙な盛り上がりを見せつつ、

六角棒スパナでねじ込んでいくわけです。くぅ〜っ、楽しいね!

はいっ。できましたよ!

うれしいニャ

 

さて、リビングが整ったところで、今週のお題その2に行きましょうか。

念願のガスコンロ。嬉しい理由のひとつは、大好きな月兎印のケトルが使えるから!

いままでのお部屋のキッチンはほんとうに小さくて、冷蔵庫もままごとサイズだったのですが・・・新しいすみかの冷蔵庫は念願の普通サイズ! おいしいものを見つけても「これ、冷蔵庫に入るかなあ?」と悩まずに買えるのって、なんて贅沢でうれしいことだろう♪

と喜びつつ、フト冷静になって、自分の冷蔵庫の中身を点検してみたんです。

 チーズ、5種類
 ヨーグルト、たくさん
 ワイン2本(今年はロゼばかり飲んでいます) 
 野菜(セロリ、キノコ類いろいろ、エンダイブ
 生ハム&「サラミ・ロサ」という食べやすい味の薄切りサラミ
 グリーンオリーブ
 オリーブ油に漬けたアーティチョーク
 そして・・・

ええとまず、完全に酒呑みの冷蔵庫です(苦笑)。そして乳製品が多い。これが日本なら、おいしい京都の漬け物とか、明太子とか、愛する鰆の西京漬とか、そしてマンハッタンでは簡単に手に入らない茗荷や紫蘇の実なんかを入れておきたいのですが・・・郷に入っては郷に従えといいますからね。Do in Rome as Romans do、というやつです。すべての道はローマに通ず。ローマは一日にして成らず。

ええと、ことわざ★Hourじゃなくて・・・

乳製品が多いとか、酒の肴しかないとか、ツッコミどころはいろいろありますが、問題はこの「そして・・・」なんです。

これ、なにかというと、

ひとりで食べるには欲張りすぎる量のフィグ。実はこの写真撮影後、もう一パック買ってしまい・・・食べるヒトは自分だけなのに3パックものフィグを抱える、煩悩に満ちたワタクシです。

そういえば、「いちじく」と言うときいつも少し緊張してしまうのです。自分はいま「いじじく」と言わなかったか? 確かに「いぢぢぐ」と言っだようなぎがずる・・・・

・・・・。

ワタクシの日本語能力に限りなく挑戦してくるこの果物。しかしこのヒトを、いやこのフィグを、ワタクシは限りなく愛しているのです。

昔、育った家にいちじく(←日本のおうちですからね、ここではフィグではないわけ)の樹がありました。この樹から採れる実はどちらかというと薄味で、水っぽい果物だなあと思っていたのですが・・・

ワタクシを開眼させたのは、1ヶ月の語学留学をさせてもらった、南仏でのこと。語学学校付属の寮に滞在していたのですが、ここの庭にフィグの樹がたくさん植えられていたのです。日本の実家のいちじくよりずっと小振りな、黒い実。朝の散歩の途中、こっそり採って皮をむき、口に含んでみると・・・

それはねっとりと甘くて、プチプチはじける種が楽しくて、そこでワタクシは恋に落ちたわけです(やはりテーマはLOVEか)。

それ以来、夏の終わりにはこの悩ましい果実を探さずにはいられない。果物は全般に大好きなのですが、「どのコがいちばん好き? ひとりだけ選ぶのよっ」と迫られたら、フィグを選んでしまいそうです。

ロゼワインにも合う、白いチーズ&フィグ。チーズはリコッタチーズ(日本なら、裏ごしカッテージチーズが一番近い気がします)+フレッシュ・シェーブル。シェーブルは山羊乳のチーズで、少しだけクセがありますが、黒胡椒+はちみつを合わせるとすごくおいしいのです。はちみつを切らしてしまったので、ここではただ黒胡椒をぱらぱら。フィグの甘みとチーズのまろやかさが極上の組み合わせです★★★

いかん、もっとキッチンですごす時間についてレポートするはずだったのですが、溢れるフィグ愛を抑えきれませんでした。

ううむ、次回以降、改めて葉的KITCHENHOURのご報告もしてゆきたいと思います。

今週の「幸せな後ろ足

author : watanabe-yo
| Living | comments(30) |

この記事に関するコメント
葉さん、コメントありがとうございました。葉さんと直接お話できたみたいで、うれしかったです。
そして!今回はわたしがとりわけ好きなキッチンネタということで(もうひとつ好きなのはゆーこさんネタです。(笑))、読みながらニコニコしてしまいました。。いちじくは日本でも今売り出されてますが、わたしも昔実家の庭になっていたときはそれほど心ひかれなかったけど、最近みょーに気になるヤロウになってます。おいしそう&お酒にあいそうなので、わたしもこんどチーズやペッパー&ハニーで食べてみます!イタリア料理では、生ハムのせて食べたりもしますよね。
それから、つきウサギのポット、わたしももってるんですよ〜。色は白なんですけど。持ってるだけでうれしくなりますよね。葉さんとのちょっとした共通点がすごくうれしいです。
| ゆきだるま | 2009/09/08 2:03 PM |
葉さんが紹介してくれる、すみか通信、大好きです。
チェルシーのお部屋紹介も大好きでした。
お部屋が整っていくワクワク感と、完成したお部屋での心地よさが伝わってきて、バーチャルですが、私まで居心地良くなっちゃいます。
ありがとうございます。

上から7枚目の、ボルトを押し込んでいる(?)手って、葉さんの手ですよね?
うーん!たくましいっ!! 床と同じくツルピカで美味しそう。
ガブッ!!

あ、そうそう、おつまみばっかり食べていないで、ちゃーんとバランスよく栄養摂ってくださいねぇ〜。
| ゆっきぃ | 2009/09/08 3:46 PM |
葉さん、こんにちは☆

着々と新居が出来上がってきてますね〜。
見ててこっちまでワクワクしてきます!
不器用な私には難なく大工仕事をこなす葉さんが
プロ中のプロに見えてしょーがないデス。
仕事がバタバタしてて帰りに
ふと、こちらのブログを覗いたら、なんだか和んでしまいました。。

いいなぁ、ラブシート♪
憧れちゃいます、色んな意味で☆

チーズにフィグに
美味しそうなモノが満載ですね!
フィグは私には縁遠いモノだったので、
新鮮に感じました(*^_^*)
大体、ドライのモノしかお目にかかったコトがなかったので。。

ココは美味しそうなモノが登場することが
多くて嬉しいな♪
また色々、教えて下さいね☆
| まっち | 2009/09/08 6:28 PM |
こちらの庵にお引越しされて、初めてのコメントをさせていただきます。
ブログだけでなく、本当の部屋も引越しされたんですね。

イチジクってあんまり食べたことが無くて、味が記憶にないのですが、美味しそうですね。

京都に住んでいながら、あまり普段は京漬け物なるものを食さない(決して嫌いなわけではありません。単に家人が買ってこないだけです。)橋屋でございました。
| 橋屋 渡月 | 2009/09/08 7:51 PM |
アンもいちじくが大好きです(*´∀`)
軽くトーストしたパンに
クリームチーズを塗って
そこに生ハムといちじくをのせて
オリーブ油と黒コショウをかけて食べるのが
お気に入りです(゚−゚*)
フィグって言うんですね。
写真にあるような黒っぽいのもあるんですね!
| アン | 2009/09/09 2:11 AM |
お家の中に、新しい家具が増えるのって、わくわくしますよね。
素敵なLove Seatいいな〜。我が家も、今のFutonがクタクタにくたびれてきたので、新しいSofaが欲しいと。。。でも、なかなか手が出なくて。。。

ガスコンロいいですね〜。Vancouverのときは、ガスでしたが、今の我が家は蚊取り線香のような、電熱式です。

葉さんのお家、女の子らしくて、綺麗で羨ましいです。我が家は、猫ボーイズと、ダンナと。。。男率が高いせいか、一人暮らしの時のようにはいかないですね。。。女子度下がりまくりの家です。

今度のお料理リポート楽しみにしてます☆
| KaoriNG | 2009/09/09 6:39 AM |
もう14度しかないバンクーバーですが、
たま〜にイチジクが売りに出されます。
子供のころは大きな木があちこちにあったので、
お店で買ったことがありませんでした。
懐かしいなぁ!また買ってみますね。

いつも忘れていたことを思い出させてくださってありがとうございます!
| 庭ふくろう | 2009/09/09 1:14 PM |
葉さま、

NYに棲んでいた頃はよくリスを見かけました。こちら南加では
リスは見みかけませんがその代わり野ウサギ(ジャックラビット)が
庭の草花を荒らしてくれます。

さすが某大工愛好会会員、葉さん、家具組み立てくらい朝飯前ですね。なんでも「創る」って楽しいですよね。お料理にしても。。。

過日贔屓にしているイタリアンレストランテで、生ハムで
包んでオーブンで焼いた小振りのフィグとベイビースピニッジ
のサラダ(当日のスペシャル)をいただきました。
フィグの甘味と良質生ハムの上品な塩味がマッチしとても美味。 
お家でも作れそうですね。フィグ愛の葉さんにお薦めです。

葉さんのフィグ+シェーブルゴートチーズの前菜冷えたワインに
合いそうですね。 (宅では赤でも冷やして呑みます。安物ワインでも冷やすとおいしい。)
シェーブルゴートチーズは我家の情備食品。 クリームチーズの
代わりによく使います。

ニャニャムジカ姫、後ろ足肉球がなんともかわゆい。

| | 2009/09/09 1:47 PM |
あらいけない、名無しの権兵衛はあたくし
べジタブリアンです。
すんまへん。
| べジタブリアン | 2009/09/09 1:52 PM |
葉さんの冷蔵庫貯蔵品ステキです。
昨夜楽しく飲みながら気づいたらワイン1本あけていた私でございますので、葉さんの「お酒に合うお料理紹介」を大変楽しみにしておりますっ。
外国のフィグは日本のいちじくとは様子が異なるのですね?
生のいちじくは日本のものしか食べたことがありませんが、ドライフルーツで買えるのはそういえば外国産ばかり・・・あの濃厚な感じが外国のフィグなのかぁ。
| ちば | 2009/09/09 9:48 PM |
葉様 こんばんは。

葉さんのフィグの食べ方、すっごくおいしそうですね。
最近まで我が家にもいちじくが4パック(お盆のいただきもの)
あったのに・・すべてそのまま「シンプル食べ」してしまいました。
こんな素敵な食べ方があったとは。まだまだ世の中には
「おいしい食べ方ミラクル」があるに違いない、と思いました〜。

私も小学生の時、通学路のいちじく、水っぽくて
味がなくて緑っぽい味がすると思ってました。
大人になってお酒飲むようになったら、おいしく感じて・・。
不思議です〜!!
| よんよん | 2009/09/09 10:48 PM |
なんだか「創作意欲」がぐうっと高まりそうなキッチンで、うらやましいですわ。ガス台というのが、またまたタマリませんな。

私もいちじく大好きですよー。こちらではちょいとお高めなのです。
「それでも買っちゃうけどさ!」と独りごちながら、買ってしまいますが。生いちじくも美味しいけれど、コンポートもいいですねえ。

毎週のお楽しみが戻ってきて、本当に嬉しいです。いつもありがとうございます。
| matzke | 2009/09/10 4:00 AM |
葉さん、はじめまして!
ニューヨークで見つけた気持ちのいい生活のときからず〜っと、葉さんには元気をいただいております。私も、がんばらなくちゃって思うときはいつも、葉さんの本やブログを開いてます。

そして、お引越し。おそくなりましたが、おめでとうございます!陽が入って気持ちよさそう!それにずいぶん広そう!!今度は、どのあたりですか?また、ご近所さんの様子もおしえてくださいね。ブログ、これからも毎週楽しみにしてま〜す。
| 智 | 2009/09/10 12:27 PM |
葉さん、エスプレッソ色のラブシート…、座り心地も良さそうで、傍らに読みかけの本をたくさん積んで、ここで本を読みたいなぁ〜と思ってしまいました。
本を読んでいてもまどろんできたら、ここでごろんと寝ます。
ニャニャムジカ姫がそばにいてくれたら、言うことなしですね〜。

いちじくは先日、実家で食べたばかりです。
あのプチプチ感とふんわりたよりなげな甘さがいいですね。

| マドレーヌ | 2009/09/10 1:54 PM |
葉さんへ♪♪

フィグ美味しそうです!!!黒胡椒合うんですねー!(^^)!
やってみます☆★

秋ってお菓子や果物・・おいしいものが一杯の季節でウキウキします。

お料理レポート楽しみにしてまーす
| muji | 2009/09/10 8:05 PM |
葉様、こんにちは。
無事に引越し先がオープンして楽しく読んでいます。
私もいちじくが大好きです。店頭に並ぶと買ってしまいます。
そのまま食べることが多いですが、義母が作ってくれたいちじくジャムは甘くて美味しかったです。今年もつくっているかしら。つくっていたらもらわなくては。
他にはいちじくにヨーグルトをかけて食べるのもお気に入りです。おなかに良さそうな組み合わせですよね。

最後に写ったカーテンの写真が素敵です。前回の写真では詳細がわからなかったのですが、今回の写真でなんて繊細なレースのカーテンなんだろうと納得。確かにこんな可愛らしいカーテンをかけずに死蔵するなんてもったいないですね!
| ゆらら姫 | 2009/09/10 9:42 PM |
あぁ・・・・・フィグ☆
大好物です。こちら、大阪ですので ☆いちじく☆ です(^0^)。
1パックに4〜5個入っているものを、2日に分けて食べるのがいつも至難の業なのです。
気づいたら3個目を食べてるんです(^O^)
ダメだ!!残りは明日の楽しみに・・・・・と、思いとどまるのがやっとです。
こちらでは所謂、☆日本の無花果☆しか見かけないので、葉さんの写真を見て、思わずPCに急接近!!

おいしそう。。。。。
| anne | 2009/09/10 11:14 PM |
葉さま

初めてコメントさせていただきます。日本に住んでおりますあみと申します。
週に何度か、葉さんのブログ再開されていないかと拝見させていただいておりましたら、よくよく葉さんブログを読み返して見ると、
ここに再開されておりました〜♪

早く気づけよ、私です。
葉さんの本、ほぼ読ませていただきました。
皆様と同じく、優しくてほんわかと温かい文章、大大好きです。

今後もブログの更新、ほんとに楽しみにしています。
NYもそろそろ秋の気配でしょうか。
お体ご自愛くださいませ。

| あみ | 2009/09/11 7:52 AM |
葉さん、こんばんは。
着々と、ニャニャムジカ城は、素敵になっていきますね。
姫も、ご満悦のご様子。
幸せの後ろ足が,「にゃにゃにゃ〜」と、いってるみたいです。

今日、我が家のちっちゃいいちじくの木から、
2個収穫しましたよ!
じいちゃんと、一個ずついただきました。
おいしかった〜。
なんだか子どもの頃を思い浮かべました。
もう少したくさんとれたら、葉さんみたいに
すてきな盛り付けでいただいてみようと思います。
| akari | 2009/09/11 10:31 PM |
葉さんへ

う〜ん、これはラブリーにゃ
と、早々に姫専用の「玉座」に納まりそうな予感・・・・
いえいえ、葉さんが姫を追い出すくらいの占有率になりますように

NYも9月ですか。(あたりまえか)
心なしか秋の気配が写真から伺えますね。

で、なんということか、4口もあるガス台。
これは期待が膨らみますなあ。
(思わずとあるTVのリフォーム番組での谷啓口調)
これからは冷蔵庫の中身も徐々に様変わりしていくのでしょう。
食べることが充実していくって、大事なことですよね。
食欲の秋がすぐそこ、いや、もうここ。
葉さんの部屋に来てるようです。


| かつ | 2009/09/12 12:08 AM |
葉さん♪

色々お引っ越し、お疲れさまでした。
(というか、おめでとうございます って言いたい気分)

月兎印のケトル(野田琺瑯のですね)わたしもほしいなあ。。と思っていたので、『おおっ!』と思いました。

それからイチジク、、 フィグ、、この写真の食べ方
なんとも南仏風。。特にロゼと合うってところが、これまた
いいですねえ。。

ちなみに、我が家ではプロシュートと一緒にたべるのが常です。でもここではイチジク、もうシーズン終了。。
次めぐりあうのは来年だなあ。。来年、葉さんスタイルで食べてみたいと早くもイチジクの野望を抱きました。。
| LUNEDI | 2009/09/12 3:16 AM |
葉さん

私もFig、大好きです!
母親が作ってくれるコンポートがLoveですが、それ以外の食べ方をしらなかったので、試してみたいと思います。

NY、これから色とりどりのカボチャがマーケットに並ぶ時期ですね★
秋は美味しいものが登場するので、葉さんのお料理レシピなど、楽しみにしています!

日本の秋、おすすめは・・・やっぱりさんまです!
| Tabasa | 2009/09/12 7:07 AM |
僕もね、実は大工仕事愛好会会員なんですよ。
今年の夏は収納庫に棚を作っちゃいました。

イチジクは先週くらいまで冷蔵庫に入ってました。
今は梨(豊水)とぶどう(巨峰)とバナナ。
イチジクはもちろん、旬の果物ってみんな美味しいですよね。
紫蘇は今ちょうど小さな花が咲いているんです。
もうそろそろ実が出来るので、自家製の塩漬けを作るんですよ。

それとガスコンロね。
4口もあってうらやましい。
僕はせめて3口(今は2口)のやつが欲しい。
一人暮らしで4口は贅沢すぎ!(笑)
| 由宇 | 2009/09/14 10:42 AM |
みにゃしゃ〜ん

今回も激励のお言葉とかフィグ愛についての共感とか素敵なおしゃべりをお寄せくださってありがとうございます! 新しい通信をアップしなきゃ〜と思いつつ寝不足が続いていて、なかなかできません。許してください。あとこのコメントへのお返事もぜったい書くから(だって楽しみだも〜ん)もうちょっとだけお待ちくださいませませね。。。。
| 葉 | 2009/09/15 1:06 PM |
これからが長いNY の秋冬シーズン、Loveseat は素敵なおうち時間に役立つ優れもの家具では?
首尾よく組み立てていく葉ちん、男前っす〜、かっちょよし!
それにしても、座金(っていう日本語すら存じませんでしたが。。。)がWasher って英語は、そういえばちょっと不思議ね。実は製本や版画などでも、エンボスの型に使うのに手頃なので、ボルトなしでこのWaher 君達ばかり、アテクシいろいろ持っているのですが、名前について考えたことなかったわ〜。学習いたしました。
ところでFig, Tabasaさまも書かれているようなコンポートや、Dryfig にプロシュートとゴートチーズとくるみの前菜、系がうちの定番だったので、是非葉さんヴァージョンTry してみます。おいしそ〜!
| Yoko | 2009/09/17 4:03 AM |
葉さん、こんにちわ。秋のくだものって、本当にすてきですね。先日は、いちじくにマスカルポーネチーズをチョンと乗せ、岩塩をパラリとふりかけた前菜をいただきました。素朴で、美味しかったですよ♪
| cocoon | 2009/09/21 12:46 PM |
ゆきだるまさんへ
キッチン使いもようやく慣れてきまして、しかしこの記事を書いてから冷蔵庫のラインナップはほとんど変わらず、やはりチーズ数種類、オリーブ、ヨーグルト(朝食用)、そしてもちろん気になるヤロウのフィグ一族です。そしてゆきだるまさんも月兎ファンだったのですね! いや〜世に数々の逸品あれど、あれは逸品ですね〜!!

ゆっきぃさま
イテテテッ
コラー!
しかしそうなんです。ワタクシはけっこう骨ががっしりしているので、身長のわりには手もでかくて男前なのです。惚れるやろ?

まっちさま
そうスか。大工仕事なら任せてください(←調子に乗ってる) あらよっと♪
干しフィグも美味ですね。ワタクシはときどき、干しフィグにクリームチーズをはさんでデザート(というか、甘い酒の肴と思っている)にします。キャラクター(?)的には干し柿と共通するような・・・

橋屋渡月さま
おかえりやす〜
なーんて京ことばで言ってみたいどすなぁ〜
きょ、京都に住んでいながら漬け物をあまり召し上がらないとは!! 灯台下暗し・・・ちょっとちがうか。うらやましい限りですよホント。京都の漬け物と赤ワインでいっぱいやりたいなあ・・・・

アン姫
トースト+クリームチーズ+オリーブオイル+黒胡椒!!
今週の「おいしそうで賞」はアン姫に決定です★★★★
こちらで見るいちじくは、緑のとか黒っぽいのとか、あと茶色っぽい紫とかいろいろあって、味(というか、ねっとり感とか、甘みとか)もいろいろなのです。ワタクシのお気に入りは、「カドヤ」っていう日本から来た種類(たぶん「角屋」?)なのです。とろ〜んとしてるの♪

KaoriNGさま
家具を買い替えるのって、勢いってのもありますよね。
そういえばワタクシも、結婚していたときはやはりレースのカーテンとかつけるのに一応気兼ねしたりしていたっけ。KaoriNGさま、ケンチャナヨ〜(韓国語で「大丈夫」って意味なんだって。韓国語の響きってかわいい♪) おうちにたったひとりの女性だから、ボーイズたちはひそかにKaoriNGさまのfemininityに気持ちが[ホッ」としたりしているんではないでしょーか。

庭ふくろうさま
もう14度! さすがバンクーバー、もう秋まっただなかですね? いちじくはジャムもおいしいですね〜。クリームチーズといちじくジャム!! うー、うー、ほんとは辛党のワタクシですが、弘法も木から落ちるというか、猿も筆のあやまりというか(なんかちがうぞ) ともかくめろめろなわけです。

ベジタブリアンさま
おお、素敵なメッセージ・・・これはどこのどなたかしら・・・と思いきや、ベジタブリアンさまでしたね!! オーブンで焼いたフィグ、スピナッチ。いや〜、やられたっ。軽く冷やした赤っておいしいですよねー。カリフォルニアの太陽のもとでは、さぞかしおいしいことと思います・・・乾杯ですっっ(きらり〜ん)

ちばさま
祝☆辛党同盟! ワタクシも一本オッケーなんですが、やはり翌日に少し身体に残るので心を鬼にして(っていうのはちがうか?)控えておりますですよ。そういいながらも、フィグ+生ハムで今宵もよい感じです♪♪ 秋になってきたのでロゼからピノノワールに移行中のこのごろです・・・

よんよんさま
シンプル食べもいいですよね〜。原点ですもの☆ 温室栽培でいろいろ味わえる便利さはありがたいものの、旬にしか味わえないものってやはりありがたさが違いますね。そのあたりの「稀少感」もごちそうのうち。そういえば20代まで、夏が終わることがすごく悲しくていつも寂しかったのですが、オトナになるにつれて秋に光が変わっていくことも楽しめるようになりました★

matzkeさま
ヌフフフ。でしょ、でしょ? ガスのコンロは本当にうれしい!(アメリカではかなりの割合で電気のコンロが多いので・・・) 食べることよりも「飲み」に重点が置かれているワタクシではございますが(ヌフ) 今日はドイツのピノノワール(名前はピノじゃなくてドイツ風だったけど)を飲みましたよ! おいしかった〜〜〜
| 葉 | 2009/09/24 3:19 PM |
智さま
はじめまして&ようこそ☆
「ニューヨークで見つけた気持ちのいい生活」をお読みくださったとのこと、ありがとうございます! あれは連載も単行本づくりも、すばらしい編集の方に恵まれ、ほんとうに幸せな本でした。空色庵にこれから登場する松本典子さんはあの本の連載媒体の編集を手がけてくださったんですよ〜! そして「気持ちのいい生活」の単行本と同じ編集者、中山圭子さんは、空色庵の庵主、愛ちゃんのハワイの本の担当でもあるのです。みんな友だちなのです。そんな、気持ちのいいみんなが集う空色庵ですから、智さまのお越しを心より歓迎します〜♪ ご近所通信も楽しみにしていてくださいね!!

マドレーヌさま
エスプレッソ色のラブシートに座って、書いています。
そうなのです。すぐ横に本棚があって、大好きなアジェの写真集やルドンの画集が「ね、ね?」とワタクシを誘うのです。ニャニャムジカも横にきて、ごろごろ喉を鳴らしながらうたたねしていますよ〜

mujiさま
おまかせあれ〜。
胡椒、というのはあれはあれでなかなか、たいしたお方ですね。 ふつうの半熟ゆで卵も、挽きたての胡椒と岩塩ぱらり、で、かなりムフフなおつまみ/前菜になったりしますものね。まともなキッチンは久しぶりなので、そういうシンプルなものから慣らしつつ、いろいろ作っていきたいと思いま〜す。

ゆらら姫
いいなあ、お義母さまお手製のいちじくジャム!! その作る過程の時間もまたごちそうで。そうした営みはいつも、どこかでだれかに受け継がれていてほしい・・・・と思ってしまいます。ヨーグルトとあわせるのも◎ですね〜〜
んむむむぅ♪

カーテンへのコメントうれしいです〜 だってだってわたし、毎日カーテン見てとても幸せなのです! 布地を透かして入る光、それだけでこんなに幸せになれるなんて、ね!!!

anneさま
ひとーつ、ふたーつ・・・と数える間もなく、つるりん♪と食べてしまうんですよね〜。このあいだ、ふとジェラート屋さんを見かけたんです。すっかり辛党のワタクシなのですが、何か気になって入ってみると、「テキーラ漬けのフィグ」なんて誘惑的な言葉が。うう、俺は、俺は・・・・完璧に降参しました。美味すぎる。。。くらくらっ

あみさま
こんにちは〜、ようこそ!! 
ハイ、ここにおりましたよー。
相変わらず「食べる系」および「ニャニャムジカ系」の話&写真ばかりの気ままブログですが、また遊びにいらしてくださいね。NYも秋の空。朝の空気が少しガラスみたいに透明でひんやりした気配を帯びてきて、それはそれでとても心地よかったりするこのごろです。

akariさま
そうなんですよ。姫ったらもうすっかりワガモノ顔で・・・まあね、彼女のお城ですから無理もありませんが。週末の午後、窓越しの陽光に床でのんびりヒルネしている姫君を見守るのは、家来冥利につきるものです。akariさま&「じいちゃん」(←いいな、こういうの。すごくいいな♪)さまでいただいたお庭のフィグのお味はいかがでしたか? 「はい、どうぞ」ってひとつずつ食べるの、それだけで美味度も増しますよね!!

かつさま
そのとおりにゃ!! ヒメヒメときたら、ワタクシが「座ろっかな・・・」と思うときに、座ろうかと思った場所にすでに座っているというすごい才能の持ち主なんです。さすが王族、たいしたものです。 そしてね、4口うれしいの、ですが、さすがにね、ひとり暮らしだとほとんど使いこなしていません(苦笑) でもオーブンがあるのはほんとにうれしいな〜〜〜
かつさまも、おいしい秋レシピがあったら教えてくださいね!!

LUNEDIさま♪
月兎印、ぜひぜひ! デザインのレトロで絶妙なバランス、注ぎ口の角度、どれも本当に愛しいのです。LUNEDIさんは何色を選ばれるのかなあ〜。楽しみです。
そしてフィグ&プロシュート、ワタクシもよくやります・・・もうクラクラものですよね!!
しかしミラノの秋はさすがに早い(NYより一歩先ですね?) 通りで甘栗などを売り出す季節なんでしょうか・・・

Tabasaさま
日本のいちじくって優しい味だから、コンポートが似合いますね♪ あ、バニラアイスなんかにも合いそう(うー、おいしそう)。そうそう、これから土に近いところで採れる野菜がたくさん並びますね! しかししかし。「秋刀魚」と書くだけでクラクラします。かぼすをきゅっと搾って、大根おろしにおしょうゆをちょちょっとかけて・・・というわけですね!? くぅ〜〜〜っ
| 葉 | 2009/09/24 3:22 PM |
由宇さま
祝☆大工愛好会委員!(ハイファイブ)
トントンカンカン、ギュルギュルやるのはホントに楽しいですね!! 
が。
ほほ豊水ィ!?
きょきょ巨峰ぉぅ!?
ゆ、ゆるせんぅぅ
とにぎりコブシを固めつつ。でもあのですね、今朝怖いもん見てしまったので・・・・
(注/コメントをご高覧くださっているみなさまの心の平安のために、あえてリンクしません。めちゃくちゃ怖いです。それでも見たいという方は「ウオノエ」をリサーチしてください。怖いよぉ〜〜〜 うひひひひ)
なので、今日は口の中に食べものをいれるのが一日怖かった。。。
怖いのが直ったら、紫蘇の実の塩漬け食べたいです。これは日本酒がよさそうですね〜 あるいは蕎麦焼酎とか? 

Yokoちん
ワシャーッ!!(スーパーヒーロー風にポーズ)
かっこええやろ?
・・・
エンボスってなんだろう・・・と思って調べたら、浮き彫り加工のことなのですね? いいですねえ。職人言葉。ワタクシはあと、美容師さんが腰につけてる、ハサミとかいろいろ入れる小物入れにも惚れています。道具をつかいこなすのって、かっこいいなあ。

Cocoonさま
こんにちは〜
うう、フィグ+マスカルポーネチーズ。「黄金律」という言葉が浮かびます。美しい組み合わせです。神はこのために想像力と創造力を与えたもうた。
この組み合わせ、旬のうちにためしてみなくっちゃ!! フィグ旬がすぎゆくこのごろ、心は焦るばかりです・・・
| 葉 | 2009/09/24 3:26 PM |
うう、フィグ+マスカルポーネチーズ。「黄金律」という言葉が浮かびます。美しい組み合わせです。神はこのために想像力と創造力を与えたもうた。
| パネライコピー代引き | 2013/06/13 3:22 PM |
コメントする










渡辺 葉
NY&NJ attorney
writer
translator
interpreter